MENU

レブレッソ福岡浄水通店のアクセス方法とおすすめメニューをご紹介

私の住んでいる福岡地区に関西地区で人気食パン専門店のレブレッソがオープン。

オープン時は平日にも関わらず連日行列が出来る超人気店でしたが、少し時間も経って比較的入りやすくなってましたので食パン好きの私も早速突撃潜入してきました。

こちらの記事では、レブレッソ福岡浄水通店のアクセス方法や実際に食べてみた体験談とおすすめメニューをご紹介していきます。

 

目次

レブレッソ福岡浄水通の店舗情報とアクセス方法

レブレッソ福岡浄水通の店舗詳細

〒810-0028 福岡県福岡市中央区浄水通3-3

 

店舗:092-707-0304

営業時間

平日:9時〜19時まで
土日祝日:8時〜19時まで
ラストオーダー18時30分まで

定休日:第2、第4火曜日

 

店舗の入り口は階段が3、4段ありますので車椅子や足を怪我している方は少し大変かもしれません。

自転車の方は駐輪スペースが数台あります。車の方は駐車スペースっぽいのがありますが停めれそうな雰囲気では無いので近くのパーキングに停めるしか無さそうです。→事前に店舗に電話確認した方が良さそう

店舗の中で食べるときは壁側のカウンター席しか無いので家族や友達と行ったときは横に並んで食べるスタイルになります。小さなお子さんがいらっしゃる方にはちょっと向いてないお店だと思います。

 

お店の中の雰囲気はこんな感じでおしゃれです。カウンター席はカメラのこっち側です、撮影するのを忘れてましたw

注文した食パンは店員さんが持ってきてくれますよ。

 

レブレッソ福岡浄水通へのアクセス方法

電車で行く場合

最寄駅は、地下鉄の薬院大通駅(動植物園口)になります。徒歩で6分圏内なのでアクセスしやすいですね。

散歩がてら行きたい!という方は西鉄の薬院駅から直接歩いても割と近いので全然ありですね。

ただし坂道の途中にあるので夏場は歩くのはツライかもしれません。

 

車で行く場合

車で行く方は先ほど店舗詳細のところで紹介しましたが、駐車スペースが無さそうです。

近くのパーキングに停めて行くしかなさそうですね。

 

実際に食べてみた感想とおすすめメニュー

 

 

おすすめメニューとドリンク

メニューはもちろん食パンばかりです!

個人的に一番おすすめはノーマルの厚切りバタートーストです。そしてドリンクはカフェラテ。個人的にカフェラテは砂糖なしです。

 

 

「え?味ないんじゃ無いの?」

と思われるかもしれませんが、さすが380円の食パン、高いけどめちゃくちゃ美味しいです♪

ただの食パンですが甘みがあってサクサク感も絶妙です。コーヒー好きなら絶対まずはノーマルで食べて欲しいですね。

どれくらい厚みがあるかというと・・・

 

 

この食パンをナイフとフォークで切りながら食べて行くのですが、ステーキ食ってるみたいな感覚になりますw

一緒についてくるハチミツを実際にかけてみたんですけど激甘です。個人的にはカロリーが気になるし、せっかくの食パンの味わいが消されちゃうのでかけない派ですね。

初めて行かれる方はまずはノーマルの味をしっかり味わってから他のトッピングされたトーストにチャレンジして欲しいと思います。

 

スタンプカードで食パン1斤プレゼント

 

スタンプカードは500円毎に1個のスタンプがもらえます。

15ポイントたまるとレブレッソブレッド1本と交換してもらえますので、これは嬉しいですね♪

私も常連になりつつありますので先日行ったときに溜まったポイントで交換してもらいました。

 

 

家にマーガリンしか無かったのですが、せっかくのレブレッソで妥協したく無かったのでバターをわざわざ購入しました(笑)

ご家族で行かれている方はスタンプカードを共有していると結構すぐに貯まるのでおすすめです!

 

平尾の一本堂とどっちが美味しい?

浄水通から少し離れて西鉄平尾駅の近くには「一本堂」というこちらも食パン専門店があります。

コスパでいうとこちらの一本堂がかなりお手頃です。というよりレブレッソがちょっと高過ぎですw

高級住宅街にあるのでレブレッソの方が上位互換みたいな印象を受けます。

食べ比べてみた感想ですが・・・・レブレッソの方が断然美味しかったです!

値段相応というか、一本堂は食パン!という感じですが、レブレッソは高級食パン!って感じです。→語彙力やばいw

どちらもプレーンを食べたのですが、甘みとか味わいがやっぱりレブレッソの方が断然美味しいです。

 

大衆向け・・・一本堂

セレブ向け・・・レブレッソ

 

個人的にはこういう認識で間違いないと思ってます。

食パン好きの福岡県民はぜひレブレッソのプレーン食パンを試してみてくださいね。

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる